« さだまさし第2楽章コンサート | トップページ

洗足池吟行

001先に息を引き取った(!)「大」の会にひきつづいて毎月俳句の吟行を楽しませてくれる「小の会」の吟行も、はや四回目。今回は日蓮上人入滅の地として知られる池上本門寺に間近い洗足池周辺を吟行しました。

いやあ、寒い!

勝海舟が愛した池の上に、ゆりかもめ=いわゆる都鳥が舞う姿も、ちょ~寒い!

手がかじかんで句帖に字を書きつけることもままなりませんでした。

吟行もそこそこに飛びこんだおそば屋さんで、舌の焼けつくような鍋焼きうどんを食べて、ようやく人心地がつきました。

でも、やっぱり、俳句は愉しいですね。結局、寒さも俳のうちなのでしょう。

   かく寒き池で足など洗ふものか      大波

|

« さだまさし第2楽章コンサート | トップページ

コメント

大波さん、東京も寒いでしょうね。
お元気で吟行に励んでいらっしゃるご様子、大変嬉しく思っております。
こちらは2週続けての週末大寒波による大雪のため、週末は雪かきに追われております。
せっかく昨日頑張って開けた道も、今朝起きてみれば元の木阿弥・・・(:_;)
これ以上降らないことを祈るのみです。
ああ、投票に行くのが億劫です。

投稿: ほたる | 2014年12月14日 (日) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さだまさし第2楽章コンサート | トップページ