« 2014年12月10日 | トップページ

洗足池吟行

001先に息を引き取った(!)「大」の会にひきつづいて毎月俳句の吟行を楽しませてくれる「小の会」の吟行も、はや四回目。今回は日蓮上人入滅の地として知られる池上本門寺に間近い洗足池周辺を吟行しました。

いやあ、寒い!

勝海舟が愛した池の上に、ゆりかもめ=いわゆる都鳥が舞う姿も、ちょ~寒い!

手がかじかんで句帖に字を書きつけることもままなりませんでした。

吟行もそこそこに飛びこんだおそば屋さんで、舌の焼けつくような鍋焼きうどんを食べて、ようやく人心地がつきました。

でも、やっぱり、俳句は愉しいですね。結局、寒さも俳のうちなのでしょう。

   かく寒き池で足など洗ふものか      大波

| | コメント (1)

« 2014年12月10日 | トップページ