« 2014年9月3日 | トップページ | 2014年9月30日 »

俳句はおクスリではない

俳句から遠去かってからはや一ケ月。なにも考えずに、ぼーっとして、時折、あまぞんさんでDVDやCDのネットお買い物をするだけの日々を過ごしていました。

しかし「小の会」からお達しが届いて、突然吟行に参加することとなったため、ひさびさに矢川緑地まで吟行に出かけました。何はともあれ、昔からの句仲間に出会えたことがただただ嬉しい、という単純そのもののテンション上がりっぱなしの状態ではありました。

俳句ゼロの生活を続けていたからと言って、別に禁断症状に苦しむこともありませんでしたので、それほど俳句に飢えていたわけではありません。まあ、これも浮世のギリというもんだよなあなどとうそぶきながらムリに七句ほど句帖に書き散らし、昼飯は句仲間が買い求めた太巻き寿司を半分ぐらいゴチになるという厚かましさを押し通した末に、句会にも顔を出した次第。

そんな状態で佳句など詠める道理もなく、辛うじて無選の咎を免れる程度の低レベルで、なんとか句会をやり過ごしました。ホッ。

こうなると、俳句は老いのおクスリではなくて、怠惰への刑罰のようなもんだと思わざるを得ませんでした。あっはっは。

以上

| | コメント (2)

« 2014年9月3日 | トップページ | 2014年9月30日 »