« 2012年5月7日 | トップページ | 2012年5月17日 »

きのうの吟行

きのう、調布市にある武者小路実篤旧居の公園を吟行したのですが、途上、句友のN子さんに「最近ブログはお休みが多いみたいですね」と、やんわり、やさしくたしなめられました。あいててて、て(;;;´Д`)ゝ。

そうですねえ。どうしてなんだか、このところ、ブログを打ち込むパワーがガス欠状態なんですよ。言いたくないけれど、やっぱり、トシのせいなのかなあ。70歳半ばって、だいたいはこんなものかも知れません。80歳、90歳がゴロゴロしている俳壇では、若者の部類なのにねえ(´・ω・`)ショボーン

ところで、実篤公園吟行では、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、実篤先生がいっしょけんめい墨を磨っているうちに硯に穴を開けてしまったということで、記念館にその硯が飾ってあり、私はたいへん感動しました。これだ、これだ、オレに必要なのは、このムダに物事に集中するパワーなのだっ!!

話は、いきなりあさっての方角に飛びますが、大河ドラマ「平清盛」の視聴率が低迷しているとのこと、わたしはまことに目出度いことだと思います。私はテレビ局に勤めていた現役時代から「視聴率」というものを、まったく信じていませんから、視聴率が低ければ低いほど、その番組をこよなく愛してしまうのです。「平清盛」、面白くて面白くてしかたありません。これからいよいよ「保元・平治の乱」に話が進んでいくと思うと、胸がワクワクドキドキです。

   母の日の母なき家の招き猫   大波

| | コメント (0)

« 2012年5月7日 | トップページ | 2012年5月17日 »