« 花の雨 新宿御苑吟行 | トップページ | キー紛失騒動記 »

非選抜アイドル

小学館新書の一冊です。AKB48のメンバーの一人、仲谷明香さん初の書き下ろしだそうですが、実に率直に国民的アイドルグループの「非選抜」組である自分を語り、最後まで飽きさせなかったのには、驚きました。もちろん、ゴーストライターのお世話になっている気配はまったくありませんでした。

Photo

アイドルグループの「非選抜」とは、200人を越す大世帯の中で人気が高くて常に日のあたる場にいる一握りの「選抜」組の陰にまわるメンバーのことを指しています。仲谷さんはその一人ですが、それでも粘りづよく「非選抜」なりのやり甲斐や面白さを見出して生きていく道を歩いている姿が、メリハリの利いた文章で綴られています。帯文で秋元康さんが「彼女の才能に今さらながら驚いた」と書いているのは、きっと本当のことでしょう。

AKBのなかでは珍しい東北出身の仲谷さん。今年のAKB「総選挙」では、彼女に投票しようかな(笑)。

    心の字の池の端にて亀鳴けり     大波

|

« 花の雨 新宿御苑吟行 | トップページ | キー紛失騒動記 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の雨 新宿御苑吟行 | トップページ | キー紛失騒動記 »