« 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月25日 »

探偵はBARにいる

わずかな時間の空きを見ては、去年の映画のDVDを見まくっています。これも、その一本。

BGMはジャズだし、主人公の大泉洋は私立探偵だし、謎の女(松ケンに嫁いで赤ちゃんまで産んでしまった小雪さんだァ)も登場するし、アクションもいっぱいあるし、昔のハードボイルド・ミステリー趣味がいっぱいの映画でした。困ったことに、私の好みにドンピシャリなんですよね。ただし、レイモンド・チャンドラーやダシール・ハメットではなくて、軽ハード・ボイルドのカーター・ブラウンの線でしたが、それにしてはちょっとセクシーさが足りなかったかも…。

主人公の相棒役の松田龍平が、飄々としたオトボケのいい味出していましたね。高嶋政伸の変質的な悪役も、けっこう面白かったのではありませぬか? 大泉くんは「もしドラ」の野球監督よりも、こちらのほうが断然イイ!雪の中に生き埋めになってしまったり、さんざん殴られたり蹴られたり、いやはやご苦労さまでした。監督がサディスティックだったんじゃないの?

   その顔にその春マスク小さすぎ     大波

| | コメント (0)

« 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月25日 »