« 「老けネタ」からの脱却 | トップページ | 寒いっすねえ »

Documentary of AKB48

公開初日に観てきちゃいました。映画「Documentary of AKB48~少女たちは傷つきながら、夢を見る」です。

2012_01__001

2012_01__002

タイトルに偽りなし。繰り返して大震災の東北慰問を続けてきたAKBメンバーが、被災地の子どもたちを優しく抱きしめるドキュメントには、まず胸を打たれました。

さらに驚かされたのは、去年の酷暑の西武ドームで催されたコンサートです。歌い踊る華やかなステージ裏の暗闇では、前田敦子さんが過呼吸で動けなくなったのをはじめ、熱中症で数人がばたばた倒れると言う凄絶な光景が、ありのままに映し出されていました。それでも酸素マスクで呼吸を整えては真っ暗な奈落を走り回り、目を血走らせてステージに執念を燃やす少女たちに、これは今までのアイドルとはまったく異なる姿だな、と思わざるを得ませんでした。

思わず落涙しました(笑)。先の見えない今の時代には、必要なアイドルたちなのかもしれませんね。

   凍雪のきゆきゆと鳴る音蒼天に    大波

|

« 「老けネタ」からの脱却 | トップページ | 寒いっすねえ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「老けネタ」からの脱却 | トップページ | 寒いっすねえ »