« 2011年12月11日 | トップページ | 2011年12月13日 »

冬のテレビドラマ事情

10月からのテレビドラマは、結局、つづけて観たいと思うほどの吸引力のある作品がほとんどなく、近来稀に見る不毛の季節となりました。

「家政婦のミタ」は設定自体が好みではないし、「私が恋愛できない理由」なんか知りたいとも思わないし、「南極大陸」とキムタクって相性よくなかったんじゃない?(笑)

中では「11人もいる!」が、まあまあマシかなとは思ったのですが、宮藤官九郎のクスグリもいつもより冴えなかったような気がするんです。「木更津キャッツアイ」や「タイガー&ドラゴン」のスピード感とギャグのパワーが超懐かしいっ!!

辛うじて、「カーネーション」と「深夜食堂2」の深夜早朝連続ドラマだけが、私を慰めてくれたのでした。こうなったら、新年からのドラマに期待をかけるしかありませんけれど、どうやらまたぞろ恋愛ものと刑事ものが氾濫するようで、老人の楽しめる作品は、やっぱり、あまりなさそう。「平清盛」さん、よろしく頼むぜいっ。

   極月の月に欠けたる跡もなく      大波

| | コメント (0)

« 2011年12月11日 | トップページ | 2011年12月13日 »