« 2011年11月25日 | トップページ | 2011年11月27日 »

風邪息子

落語の人情噺に「火事息子」というのはありますが、「風邪息子」というのはないですね(笑)。息子が風邪を引いて、仕事を休んだ、というだけのことでございます。

近くの診療所に診てもらって薬を飲ませ、昼は温かいうどんなどを食べさせました。奴はどんな時にも食欲だけは落ちない性分で(笑)、切り餅入りのうどんをペロリと平らげました。

夜は韓国料理に初の挑戦。タラと木綿豆腐のチゲをつくってみました。キムチやコチュジャンを使い、にんにくやニラをたっぷり入れたので、体は相当温まったはずです。

味もまずまずでしたが、よくよく考えてみると、こんなに辛味を利かせた料理は、風邪で痛む喉にはかえってよくなかったのかも知れません(笑)。あはは、でも、これも「うまいうまい」と言ってペロリでしたから、まあいいや。

   風邪に寝て食べてまた寝てまた食べて   大波

| | コメント (0)

« 2011年11月25日 | トップページ | 2011年11月27日 »