« 2011年11月22日 | トップページ | 2011年11月24日 »

映画「八日目の蝉」

DVDが出たので、家事の合間をぬって鑑賞。

これは何といっても、角田光代の原作ストーリーがすばらしいのですよねえ!以前、檀れいの主演でテレビドラマ化されたときも十分感動しましたけれども、映画版はそれ以上でした。美人すぎる檀れいさんよりも、永作博美のおたふく顔のほうが、母性満開のこの物語にぴったりだったということでしょうか。

愛人の子の赤ちゃんを誘拐し、偽りの母子として五年間の逃亡の旅をつづけるという緊迫した物語です。20年後に成人した井上真央が、実の母親になじめないまま、かつての母子愛の痕跡を求めて小豆島までさすらうのですが、誘拐犯の「ママ」との別れの過去を振り返るシーンには、やはり心打たれました。井上真央は朝ドラ「おひさま」もそうでしたが、成長いちじるしい立派な女優さんになったと思います。もう「花より男子」のつくしちゃんじゃないね。

朝ドラといえば、現在の「カーネーション」の尾野真千子、くちびる尖らせたメリハリの利いた演技も大好きです。小林薫の頑固親父もいいしねえ!

   白菜に生秋鮭の肌赤し     大波

| | コメント (0)

« 2011年11月22日 | トップページ | 2011年11月24日 »