« 吉永小百合さん | トップページ | 石榴のお裾分け »

おひさしぶりの谷保天神

ず~~っと忙しくて顔を出すことができなかった谷保の吟行、もう忘れられてしまったかなと思いながら、ひさびさに行ってみました。

前夜からの雨も上がり、秋の色が濃くなった農業地帯。ゆうべの風の影響で倒伏した稲もありましたが、稲穂はそれぞれ重く垂れ下がり、あちこちに稲架(はさ)も立っていました。

Rare_003

雨で背景の土や草が濡れていたせいでしょうか、コスモスの花がとても色鮮やかに見えました。うわ、きれい、きれい。こんなきれいなものを、俳句になんか詠めない(笑)。

Rare_004

写真ではまったく伝わらないのですが、赤まんまも生き生きとして美しかったのです。道々彼らを見ていると、ああ、吟行ってほんとにいいなあと思うのでした。

   一枚の田に並び立つ案山子かな     大波

|

« 吉永小百合さん | トップページ | 石榴のお裾分け »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉永小百合さん | トップページ | 石榴のお裾分け »