« 被災地のこどもとエコトーク対話 | トップページ | 十月の中華カユ »

J子さんの銀座個展

「大」の編集作業にかかりきりになっていたので、O崎J子さんが銀座の画廊で開いていた個展に行こう行こうと思いながら、ずっと行くことができませんでした。きのうゲラの校正を済ませてすべての作業をアップ! そして今日は、なんと、個展の最終日なのでした。

001

駆けつけた画廊は、以前、NNさんが個展を開いたことのある銀座メルサ裏の超クラシック煉瓦づくりの奥野ビル2階です。いやあ、懐かしい

002

J子さんの絵は、どちらかというと渋目の色遣い、構図はけっこう大胆、タッチは女性らしく繊細、といろいろ特長があって、私は大好きです。今回は月や秋の七草など、季節を感じさせる絵が多くて、さすが俳人画家! と口には出さないけれど、胸の中では賞賛を惜しみませんでした。

帰りには、銀座山野楽器店に立ち寄って、藤あや子の最新カバー曲集「WOMAN」を買い求めました

   秋深む銀座歩行者天国も       大波

|

« 被災地のこどもとエコトーク対話 | トップページ | 十月の中華カユ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

台風のさ中、あの築七十年の奥野ビルは、風音もあまり聞こえず、びくともしませんでした。玄関まで行ってはじめて台風の直下にいることを知ったぐらいです。古い友人と飲んで台風をやり過ごしてから帰りました。
いろいろなことがあった二週間でした。最後に大波さんが来てくれて感激。ありがとうございました。

投稿: じゅん木 | 2011年10月 2日 (日) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災地のこどもとエコトーク対話 | トップページ | 十月の中華カユ »