« 無理は避けましょう | トップページ | 台風の端の端 »

70年版・映画「あしたのジョー」

腱鞘炎用のシップの霊験あらたか、足首の痛みは一晩でほとんど無くなりました。めでたし。

なんという偶然でしょうか。山P主演の映画「あしたのジョー」のことをここに書いたばかりのところに、たまたまCSで1970年版の映画「あしたのジョー」が放映されたのでした。

007

主演の矢吹丈は当時人気だった石橋正次。新作の山Pがいくぶん分別くさいキャラなのに対し、少年ぽさが原作に近いかも。

006

しかし丹下段平は、新国劇の大御所・辰巳柳太郎なので、原作どおりのスキンヘッドにするわけにも行かず、髪ふさふさ。ここは新作の香川照之の圧勝ではないでしょうか。

008

問題は宿命のライバル・力石徹でしょうね。70年版は亀石征一郎が演じたのですが、なにしろ後年テレビ時代劇で悪旗本や悪代官の常連だった人だけに人相悪すぎ(笑)。新作の伊勢谷友介の風格に軍配を上げざるを得ませんでした。

しかし監督は、当時日活ニューアクションの旗手とうたわれた長谷部安春だけに、ファイト場面にキレがあって、この70年版も私は好きですねえ。

   防災の日の卓に置く造花かな       大波

|

« 無理は避けましょう | トップページ | 台風の端の端 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無理は避けましょう | トップページ | 台風の端の端 »