« 落ち蝉の季節 | トップページ | 映画「あしたのジョー」 »

民主党代表選挙

新聞の見出しなどでは、「大逆転」ということになるのでしょうが、なんとなく腑に落ちない選挙でしたね。AKB48の選抜総選挙のほうが、よほどスッキリして楽しめたなあと思いました。

ひとつには、立候補の名乗りをあげた方々、みんな「キャラが弱い」人たちばかりだったせいではないでしょうか。野田さんにしろ、海江田、前原さんにしろ、これっぽっちも似顔絵を描く気持になりませんでしたもの(笑)。

それにしても、党員資格のない方が采配をふるって、それに大きく動かされたり、反撥してみたり、よくよくフシギな政党ですねえ。その結果が「大逆転」というのは、やっぱり、腑に落ちない結果です。

腑に落ちなくても、日本はとりあえずはこの体制で再出発をしなければならないのでしょうね。夏休みは終わったよ。しっかり頼んまっせ!!

   この垣を守れるへくそかづらかな   大波

|

« 落ち蝉の季節 | トップページ | 映画「あしたのジョー」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち蝉の季節 | トップページ | 映画「あしたのジョー」 »