« 「大」の投句、まだ間に合いますよ~ | トップページ | 夏の終りの雲 »

マンガ「海街diary 4」

映画評論家にして「マイ・バックページ」の著者、川本三郎さんやミュージシャンのスガシカオさんも絶賛しているマンガ、吉田秋生の「海街diary」の第4巻がようやく出ました。なんと、前巻から一年半ぶり。どんだけ待ち焦がれたことか!

006

古都鎌倉の風景が、これ以上は美しく描けないだろうという繊細な線で展開し、腹違いの四人姉妹の切なくも暖かい物語が胸に沁みてくる吉田さんの最高傑作のマンガです。

今回の表紙絵は、おなじみの鶴岡八幡宮ですが、左側に倒れてしまう前の大銀杏がむかしのままに描かれています。作者の吉田秋生さんによりますと、大震災からの再生の願いをこめて、あえてかつてのままの大銀杏を描いたとのことです。

005

主人公すずと風太のピュアな愛の物語に、年寄りの胸まで高鳴ってしまうのです!

第5巻も一年以上待たなければいけないのかしら? トホホ(ノ_-。)

   鎌倉の古木をおもふ秋の情     大波

|

« 「大」の投句、まだ間に合いますよ~ | トップページ | 夏の終りの雲 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大」の投句、まだ間に合いますよ~ | トップページ | 夏の終りの雲 »