« 2011年7月15日 | トップページ | 2011年7月17日 »

根津美術館の冷房

お盆なので青山霊園に吟行しようと思いましたが、あまりの暑さにめげてしまって、途中の涼しそうな根津美術館に入ってしまいました(笑)。

貴重な美術品の収蔵庫だけあって、館内の冷房がよく効いていました。でもここだって恐らく15%節電を実施しているんでしょうね。冷房が効きすぎるということはなく、なんとなく心地よい涼しさでしてよ。

Img_2022

美術館のお庭に出ると、もちろん館内よりは暑いのですが、緑の木陰が多いので、こちらもまずまずの涼しさでした。インドのものかな? 燈篭を背負った象さんも、「ここはすずしいぞう~」(笑)と言っておりました。

根津美術館は、今、平安・鎌倉時代の歌合せの巻き物とか写経などを、掛け軸に収まるように一枚に切った「古筆切」(コヒツギレ)なるものを展示しています。達筆の古文書を自分がどれだけ判読できるか、腕試しにいかがでしょう? 私が判読できたのは、一点平均2%ぐらいかな。

それにしても、1000円の入館料は、せめて800円ぐらいにならない?(笑)

   西行の筆と伝はる墨凉し      大波

| | コメント (0)

« 2011年7月15日 | トップページ | 2011年7月17日 »