« 雨の映画 | トップページ | 裏のあじさい »

父の日の蛍

Img_1958父の日って、誰が決めたのでしょうか?

なんとなく、アメリカ的な善意を感じますね。

Img_1961

私には親孝行な娘がおりまして、毎年この日に必ず嫁ぎ先からプレゼントを送ってきます。

ありがたいやら、嬉しいやら。

Img_1960

夕方、梅雨晴れの空が、淡く美しい夕焼色に染まっていました。

O・J子さんのお誘いで、黒川の里山に蛍を見に行きました。

この夕焼が薄れて、あたりが暗くなったころ、あちらに一つ、こちらにも一つ、蛍火がともって、ふわふわ飛びました。

写真には撮れませんでしたが、きれいだったですよ~

よし、あしたも、「大」の編集がんばろう!

ほたる火の点りて流れまた流れ     大波

|

« 雨の映画 | トップページ | 裏のあじさい »

俳句」カテゴリの記事

コメント

昨夜は、地元にいてもなかなか見られないほどの蛍でかしたね。句会をせずにずっと見ていれば良かった!

投稿: 尾崎じゅん木 | 2011年6月20日 (月) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の映画 | トップページ | 裏のあじさい »