« 明治神宮 清正の井戸 | トップページ | 雨の薔薇 »

小満の谷保

万物が次第に満ちるころを「小満」というらしいのですが、確かに今頃の季節はそんな感じがありますね。それにしても、暑い!Img_1868


ひさびさに吟行に出かけた谷保天神から城山公園までの道には、黄菖蒲があちらに一叢、こちらにも数本という具合に咲いていました。Img_1867


田んぼにはもう水を引いて代田になっているところ、まだまだこれからというところ、それぞれでしたが、今年は震災の影響でしょうか、全般に農作業が遅れ気味になっているように感じられました。Img_1865


代田には夏鴨たちがぷかぷか浮いているのが遠く見えて、とてものんびりした気分になりましたよ。でも吟行のほうは、ウォーキングラリーの恐るべき大集団と一緒になってしまって、こりゃ、とても、俳句どころじゃねえよという惨憺たる状況になり、句会では芳しい成績を残すことができませんでした。む、む、無念(笑)。


小満の御玉杓子に足生えて      大波

|

« 明治神宮 清正の井戸 | トップページ | 雨の薔薇 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明治神宮 清正の井戸 | トップページ | 雨の薔薇 »