« 2011年1月11日 | トップページ | 2011年1月13日 »

今年の初買物

え?、きのうの私の舞台写真ですか? あは、あれは「ハムレット」じゃなくて、ジャン・コクトオの「双頭の鷲」の一場面なんですよ。映画にもなった戯曲で、私の役は当時絶世の美男子とうたわれたジャン・マレエが演じた詩人にして暗殺者という役でして……誰ですか、今笑ったのは?2011_1_11_001


それはともかく、今年初めての私のお買物は、食料品や日用品を別にすれば、この坂本冬美の「ラブソングスⅡ」というCDアルバムでしょうね。昨年、「また君に恋してる」という超ヒット曲を生んだ「ラブ・ソングス」シリーズの第2弾で、今回もフォークやニューミュージックのカバー曲が並んでいます。2011_1_11_003


そもそも冬美さんは、かつて忌野清志郎とアルバムをつくったこともあるほどキャパの広い人なので、このアルバムでも郷ひろみの「哀愁のカサブランカ」から中島みゆきの「ひとり上手」、さらには大滝詠一、杏里、小田和正の歌まで完璧に冬美流に歌いこなしていて、ちょ~見事です。2011_1_11_002


でも、冬美さんは、やっぱり演歌の人。小坂恭子の「思い出まくら」やかぐや姫の「神田川」といった演歌テイストの歌が、より濃厚で深い味わいで心に届いたのであります。ことし初のおすすめの一枚です。


小正月言葉やさしき花屋の娘        大波

| | コメント (0)

« 2011年1月11日 | トップページ | 2011年1月13日 »