« 2010年12月29日 | トップページ | 2010年12月31日 »

ことし亡くなった方々

年末になると、新聞雑誌テレビなどで、今年亡くなった有名人の名を上げて回顧するコーナーが、必ず設けられます。2010年一年間のなかで、特に思い出深い物故者は、母校仙台一高の先輩だった井上ひさしさんかも知れません。井上さんの小説「青葉繁れる」は、内容的に私の青春時代とぴったり重なり、忘れられません。044


芸能人では、小林桂樹さんが特に印象深いですね。サラリーマン映画をベースに、さらに深い演技をみせた「江分利満氏の優雅な生活」や「黒い画集~あるサラリーマンの証言」が好きでしたが、唯一の黒澤映画「椿三十郎」での押入れ侍も超よかったです。2010_12_29_002


二月に亡くなった山下一海さんは、俳諧の研究者として知られていますが、ご自身ひそかに俳句の実作を勉強していた時期があり、私も何度か句座を共にさせていただきました。穏やかで優しいお人柄が、今も胸に残っています。2010_12_29_001


やはり二月に逝去された関西ホトトギスの俳人で「円虹」主宰だった山田弘子さん。私が俳句雑誌の編集をしていた頃にお近づきになりました。弘子さんは、かつて京極杞陽から俳句の教えを受けたということで、私が大の杞陽ファンと知って杞陽の句集「但馬住」をくださいました。今や、貴重な所蔵本の一冊です。私よりたった三歳年上だっただけに、心からご逝去を悼みます。


人の訃を今にして知る年の暮      大波

| | コメント (0)

« 2010年12月29日 | トップページ | 2010年12月31日 »