« 2010年12月15日 | トップページ | 2010年12月17日 »

長谷川櫂「句会入門」

長谷川櫂さんの近著「俳句入門」を読みました。実際の句会を15回も開いて、それをドキュメントするという手法で、句会の進め方やマナーなどを説いたなかなかいい本であると思います。俳句入門書はいっぱいあるけれど、「句会」に絞った本は、ひょっとすると古舘曹人さんの「句会入門」(角川選書)以来でしょうかね。とても勉強になります。Img_1522

ただこの本で1箇所だけ、吟行には二つの「C」はいけないと書いてあったのは、正論ながらやっぱりちょっと引っかかりましたねえ。「C」とは車とカメラのことです。車で吟行する人なんかいないでしょうが、カメラを撮りながら俳句を詠む人は結構いて、それがまた実にいい句を詠むんですよ。カメラは対象に向う「嘱目」を妨げるというのが櫂さんの考え方ですが、優れたカメラ俳人は、たぶん写真と俳句の嘱目はそれぞれ別な次元のものとして脳で切り替えているような気がしますが、いかがなものでしょうか。Img_1518

私もまた、ごらんのようなデジカメとケータイで、写真を撮りながら俳句も詠んでいるわけで、おそらく私の場合は集中力が低下して、カメラも俳句も両方ともダメという結果になっていることが多い(笑)、まさに櫂さんの言うとおりになっちゃっています。でもこのブログもあるからなあ、やめるわけにもいかないなあ(笑)。困った困った(苦悩)。


極月の小さきカメラに充電す       大波

| | コメント (2)

« 2010年12月15日 | トップページ | 2010年12月17日 »