« 2010年11月14日 | トップページ | 2010年11月16日 »

10~12月のテレビドラマ

今、あまり本気になって観ているテレビドラマはないのですけれど、強いて言えばということで何本かあげてみましょうか。Img_1445

まず先日著書を紹介した木皿泉夫妻が脚本を手がけた「Q10(キュート)」が、やっぱり面白いです。オフビート学園ドラマですが、佐藤健くんと、ロボットの前田敦子ちゃん(AKB48)がやたらにかわゆいです。Img_1441

次になんとなく観ているのが、「獣医ドリトル」と「フリーター、家を買う」。「フリーター…」のほうが力作で、「ドリトル」はちょいと甘いのですが、小栗旬と成宮寛貴の二大ナマイキ俳優がなかなかの熱演。ペットの手術シーンは人間並みに迫力があります。Img_1443

ドラマに最も引き込まれてしまったのが「モリのアサガオ」でしょうかね。新人刑務官と死刑囚という特異な題材に凭れかかり過ぎているような気もしますけれど、語り口が静かなので、なかなかの緊迫感があります。Img_1442

刑務官の伊藤淳史、死刑囚のARATA、それぞれが誠実な役作りをしていて好感が持てます。柄本明、津田寛治ら服役囚役の面々に迫力あり。

腹立てることも時折小六月       大波

| | コメント (0)

« 2010年11月14日 | トップページ | 2010年11月16日 »