« ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘 | トップページ | ジャニス・ジョプリン1969 »

ちょっと参加の谷保吟行

「大」の編集作業がいよいよ時間との戦いになってきたので、谷保の吟行は午前中だけ参加、午後の句会は欠席投句ということで失礼しました。Img_1035


短い時間でしたが、空いっぱいに浮かぶ秋の雲の下…Img_1040


祭太鼓の通ってゆく武蔵野の秋は、やっぱり気持がよかったですねえ。Img_1038


谷保天神裏の水田は、稲穂が黄色く色づいて、早稲の香がむんむん…Img_1039


この秋もアンパンマンの案山子立ち        大波

|

« ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘 | トップページ | ジャニス・ジョプリン1969 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘 | トップページ | ジャニス・ジョプリン1969 »