« 2010年9月20日 | トップページ | 2010年9月22日 »

敬老って、なんだっけ?

本当のことを言って、私は自分が年寄りであることを、まったく信じられないのです。だって、考えていることも、感じていることも、20代の頃からほとんど変わっていなくて、自分のどこを探しても、「成熟」とゆ~在りようがゼロなんですからね。いつまで経っても青臭いっちゅうことでしょうか。Img_1068


こんな自分を人生の先達として敬ってくれ、なんて口が裂けても言えそうにありません。せいぜい「いつまでも友達でいてください」とお願いするしかないのではないでしょうか。Img_1066


思えば私は、若い頃からジャン・ギャバンに憧れて、トシをとったらあんな人になりたいと思ったものですが、今では理想と離れてゆくばかり。Img_1064


フランソワーズ・アルヌールのような素敵な若い女性と老いらくの恋をしたいとゆ~夢も、もう絶対にかないそうにないですね。こんなふうにして人はただ老いていき、やがては消息不明になったりするのでしょうか?敬老の日は、ただただ真暗な気持ちです、シクシク。


子の泣ける声突き刺さる秋の暮        大波

| | コメント (1)

« 2010年9月20日 | トップページ | 2010年9月22日 »