« 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月16日 »

駒場公園吟行

スーパー酷暑という言葉も、大げさではありませんね。いつも涼しげな駒場公園も東京大学もぐぁぁぁぁんと暑くて、お盆の吟行も楽ではありませんでした。Img_0786


京王井の頭線・駒場東大前駅の裏手の公園に入ってみると、足元は小さいけれども深そうな穴だらけ。これがみんな蝉の穴で、そのあまりの数の多さに、さすがの俳人たちもボーゼンとなったのでありました。地上を見ると、空蝉に別の空蝉が取りすがっている姿もあって、な~るほど、公園全体が揺れるような蝉時雨が降ってくるのもムリではない筈でした。Img_0787


このあと柳宗悦が開いたことで知られる日本民藝館に移動して、沖縄の紅型をはじめ絞り染めやら筒描き染などのさまざまな染物をあつめた「日本の染」の展示会を観たのですが、館内は撮影禁止ですので写真は一枚もありません(笑)。Img_0789


これは民藝館入口前に据えつけてある大きな甕のなかに咲いていた梅花藻です。その小さく白い花がひととき涼を呼んでくれるような気がしたものです。お盆のさなか集まってくれた句友たち、それぞれに佳句を披露してくれて、暑くてもなんでも、やっぱり吟行はいいなあ、としみじみ思いました。


大甕に藻の花白き魂祭         大波

| | コメント (0)

« 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月16日 »