« 2010年7月11日 | トップページ | 2010年7月28日 »

句帖のはなし

俳句を愛するみなさまは、日頃どんな句帖を使っていらっしゃるのでしょうか。ときたま布張りの豪華な句帖にさらさらさらと一句したためておられる方も見受けますが……Img_0610


多くの方は、この写真のような総合俳誌の付録の句帖を使っていられるものと推測します。これらの句帖は、たいてい巻末に「季寄せ」や季節ごとの暦、はては季語の豆知識まで付いた親切丁寧な造りになっています。また、たいていの場合、ページごとに有名俳人の一句が掲載されているのですが、これがとても役立つような、なんだか目障りなような(笑)ビミョ~な感じがします。もちろん大好きな俳人の句ならば、それでいいんですよ~(笑)。Img_0611


私の場合は、十年前に第一句集の出版記念会を開いた際、ご出席のみなさまへのお土産として配った自家製の句帖を、いまだに使っております。大量に余ってしまったので(笑)。これを受け取ってしまった方々は、おおきに迷惑だったかもしれませんね。Img_0613


なにしろこの句帖には、やはり俳人だった父の句と十年前の若書きの私の句が、季節ごとに並べられているのですから……。わぁ~、今になってみると、超恥ずかしいですよ~(笑)。でも、さすがにこの句帖も残部僅少の状態になってきました。これを使い果たしてしまったら、どうしようかな。また自家製の句帖をつくっちゃおうかな。

なまぬるき夕風起こる大暑かな        大波

| | コメント (0)

« 2010年7月11日 | トップページ | 2010年7月28日 »