« 2010年7月4日 | トップページ | 2010年7月6日 »

暑い暑い吟行

引きこもり状態で編集作業をつづけていたので、吟行に出かけたのは久しぶりの気がしましたが、実際は前の吟行からそんなに時間がたっていないんですよね。それにしても、今日はムシムシ暑かったなあ。Img_0458


いつもの吟行コースで通りかかる家の飼い犬は、もうとっくに居なくなってしまって、犬小屋の中まで夏草が生い茂っているのは、ちょっぴり哀しい景でした。Img_0459


これ、よく見てください。中央の葉っぱの上に子どものカマキリがいるのですが、見分けがつきますか?半ば透きとうっている感じのかわゆいヤツでした。一度にいっぱい生まれたと見えて、すこし離れたところで別の一匹を見つけました。Img_0457


きょうの席題は「射干(ひおうぎ)」と「裸足」、詠むのは難しかったです。

射干や柱の紙は尋ね猫       大波Img_0462


句会場の国立郷土文化館には、七夕竹が飾ってありました。短冊の俳句を一枚一枚読ませていただきましたが、正直なところ、あまり勉強にはなりませんでした(笑)。


ささやかな願ひばかりや星の竹       大波

| | コメント (0)

« 2010年7月4日 | トップページ | 2010年7月6日 »