« 2010年6月29日 | トップページ | 2010年7月1日 »

映画「OUTRAGE」

パラグアイ戦はPK戦で敗れ、8強入りは成りませんでしたね。う~~~む、やっぱし口惜しいなあ。

「大」校正の合間を縫って映画館に飛び込み、北野武の最新作「OUTRAGE」を観てきました。きわめつけのバイオレンス映画。面白かったなぁ。Img_0422


何が面白いって、ふだんヤクザ映画などに全く出演しそうに無い俳優さんたちが、札付きのヤクザに成り果てて、殴る蹴るの暴力行為を繰り返すのが、面白いのなんのって…。このヤクザどもの頂点に立つ組長が、なんと踊る大捜査線の湾岸署長・北村総一郎ですからね。ほかに三浦友和、椎名桔平、杉本哲太、塚本高史なんて、ヤクザ顔ではない面々が「バカヤロー」とか「コノヤロー」とか罵り合うのが、実に新鮮だったなあ。Img_0418


特に驚いたのが、「それでもボクはやっていない」の加瀬亮のインテリヤクザ。髪をベットリ撫で付けたリーゼント・スタイルで、ちゃんと人を殴り倒したりして、結構冷酷無残な感じを出していましたよ。Img_0420


次にびっくりしたのは、暴力組織と深くつながっている悪徳刑事役に扮した小日向文世ですね。いつもの人の良さそうな笑顔をそのままに、ヘラヘラとヤクザに媚びへつらう本当に悪い奴になりきっていました。以上、武のキャスティングの妙に感心するばかりの楽しいバイオレンス映画でした。


ドア開くたび冷房の気を浴びて        大波

| | コメント (0)

« 2010年6月29日 | トップページ | 2010年7月1日 »