« 2010年6月16日 | トップページ | 2010年6月18日 »

平原綾香「My Classics2」

このところパソコンと睨めっこしながら聴いていたのが、平原綾香くんの最新アルバム「マイ・クラシックス2」です。中身は前作につづいての綾香くんの得意技、有名クラシック音楽に自作の歌詞を乗せて、自由自在に歌うというものです。010


綾香くんの歌は、クラシック音楽に対して決して卑屈にはならず、媚びることもせず、堂々とすべて自分の歌にしてしまっているのがグ~ですね。「ブラームスの子守唄」の歌詞に、「泣き止むまで ただ抱きしめて/本当はあなたの気を引きたいの」なんて、考えられますかいっ(笑)。011


今回、とても気に入ったのは、ロドリーゴのアランフェス協奏曲とジャズ・ピアニストのチック・コリアの「スペイン」をつないだアレンジ曲を、スキャットで歌いこなしているものです。もともとサキソフォン奏者である綾香くんのかわゆいスキャットは、なかなか見事なものですよ。アンドリュー・ロイド・ウェバー先生は、「オペラ座の怪人2」の日本語ヴァージョンを歌う綾香くんに、至極ご満悦だったようで、よかった、よかったヽ(´▽`)/


なまぬるき黒南風(くろはえ)の尾になぶられて      大波

| | コメント (0)

« 2010年6月16日 | トップページ | 2010年6月18日 »