« 2010年5月2日 | トップページ | 2010年5月4日 »

初夏の矢川吟行

なんという気持ちのいい一日だったことでしょう!happy01ひさびさに参加した国立市の矢川緑地吟行、4月いっぱいが寒かったのでかえって木々の緑も美しい色になったのでしょうか、新緑のなかをあるいてゆくと体が蒼く透き通っていくような気がしました。俳句を作るなんていうことは、ほとんど忘れそうになっていましたね(笑)。山吹、花水木、シャガの花と、花々も咲き揃っていましたが、なかでも美しかったのはやはり藤の花だったと思います。淡い紫色が風に揺れると、花房に遊んでいた熊ん蜂たちも大喜びしているようでした。句会場の国立郷土文化館にいくと、いつも立ち寄る喫茶コーナーが模様替えして、お役所の受付的な場所になっていました。いつも挨拶を交わしていた喫茶ママも引退してしまったらしくて、姿が見えませんでした。彼女からもらってリュックにぶら下げている東南アジアの象のストラップ。これが形見になってしまったかとちょっぴり寂しい思いをしたのでした。

  普賢象桜の下を水流れ       大波

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月2日 | トップページ | 2010年5月4日 »