« ペットボトル談義 | トップページ | 小説「八日目の蝉」 »

仙台一高演劇部

ええっ、あの二女高も共学になってしまったのですか! 実にショーゲキw(゚o゚)w的ですけれども、旗坊さま、貴重な情報を有難うございました。前に書きましたとおり、私は仙台一高在学中は演劇部に属し、やれ木下順二だやれ加藤道夫だと授業そっちのけの舞台三昧の高校生活でした。男子校の演劇部、女性の役をどうしたかといいますと、お隣の二女高の演劇部などから生徒さんをお借りしたのでございます。その交渉のため、二女高の校舎を訪れたことがありますが、先方の演劇部顧問の先生と面会のために職員室までの廊下を歩いた時間を、今も忘れられません。すれ違う生徒さんはみな耳たぶを真っ赤にしてうつむいて通り過ぎ、教室の窓が細めに開けられてそこから覗く目とくすくす笑う声……こちらもカッチンコッチンに緊張して雲の上をあるいているような心持でした。いやあ、あれが青春というものだったんですよねえ(笑)。そんなこんなで、私には一女高にも二女高にも、ちゃんとお友達ができたんですよ。カノジョはできませんでしたけれども(笑)。それがみんな共学校になってしまうなんて、信じられないことですが、まあ、それが時代というものでしょうね。きっと、また別の青春があるのだと信じたいものです。

  囀のひたかしましき夕べかな        大波

|

« ペットボトル談義 | トップページ | 小説「八日目の蝉」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペットボトル談義 | トップページ | 小説「八日目の蝉」 »