« 2010年3月31日 | トップページ | 2010年4月2日 »

秋元順子のジャズ・スタンダード

秋元順子さんは紅白歌合戦史上最高齢デビュー歌手として有名ですけれど、なあんだ、私より10歳も年下じゃないですか。でもよく考えてみると、それだって、還暦はとっくに過ぎているわけですよね。いやあ、自分がどれだけ馬齢を重ねているかということを、ついつい忘れてしまうものですから…ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ その順子さんが出した「アンコール~ジャズ・スタンダード」というアルバムを聴いてみました。うむむむむ、うまいっ!「ミスティ」をこれだけうまく歌えるのは、駆け出しの若手ジャズ・ボーカリストにも、そうそうはいないと思います。この歌は、順子さんのようなハスキーな声の人に向いているのですが、結構むずかしいとみえて、これまでに私が「これは、いいっ!」と思ったのは、クリス・コナーとサラ・ヴォーンぐらいでした。そこまではいかないにしても、順子さん、わりといいセンいってるんじゃないかな。ほかに「アフター・ユーブ・ゴーン」などという玄人っぽい曲も立派にこなしているし、流石は60代歌手。なんでも順子さんはハワイアン歌手としてのキャリア豊富で、ジャズも相当歌っていたそうですから、なるほど、「マディソン郡の恋」と「愛のままで」だけの歌い手さんではなかったんですね。認識を新たにしました。

3月も終って、桜もだいぶ開いてきましたね。

  朝に三分夕べに五分の桜かな         大波  

| | コメント (0)

« 2010年3月31日 | トップページ | 2010年4月2日 »