« 春の珍事 | トップページ | 明日は朝イチで… »

金子兜太の世界

本屋さんでたまたま見つけて買いましたが、ずいぶん前に出ていた角川書店の「…の世界」シリーズの最新刊です。いやあ、兜太先生の俳句は、やっぱり面白いですねえ。坪内稔典先生が絶賛している「みどりごのちんぽこつまむ夏の父」なんて、震えがくるほど好きな句です。それにしてもこの一冊の執筆陣を眺めると、兜太先生が歌人や詩人に人気が高いのは驚くばかりです。凄いですよねえ。岡井隆にはじまって、佐々木幸綱、岩田正、河野裕子、栗木京子…とずらっと歌びとの名前が並んでいて、これは歌壇の雑誌かと目を疑ってしまいました。白石かずことか八木忠榮とか、懐かしい詩人の名前も見えます。みなさん、きっと、兜太先生の豪快な人柄に惚れこんでいるのだと感じ入りました。三浦雅士が「高齢化社会日本の生き延びる道は俳句にあることを、金子兜太は身をもって示している」と書いていたのには、そ~だ、そ~だ、とマジ共感しました。

  根つからの兜太好みや種浸し        大波

|

« 春の珍事 | トップページ | 明日は朝イチで… »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の珍事 | トップページ | 明日は朝イチで… »