« 春風邪始末記 | トップページ | 迷子のキャッシュカード »

上野千鶴子 対 坪内稔典

坪内ねんてん先生の近著に「モーロク俳句ますます盛ん」(岩波書店)という非常に魅惑的なタイトルの本(笑)がありまして、中身は子規以来の俳句史を中心に、ねんてん先生のごくマジメな考察が綴られた一冊です。この本の中で、先だって取り上げた「男おひとりさま道」の著者・上野千鶴子先生とねんてん先生が対談して、山頭火や放哉の自由律俳句をサカナにあれこれ語っているのがとても面白かったです。ご承知の方も多いと思いますけれど、上野先生はむかし俳人もやっていた時期があり、「黄金郷」(深夜叢書)という句集(と言っていいのかな?)を古本屋さんで立ち読みしたことがあります(笑)。対談の中で上野先生は、俳句は「失語症の文学」であり、自分が俳句をやめてしまったのは失語症から回復したからだと話されていまして、なんだかとても共感できました。そうだよなあ。このオレも重症の失語症で、ときどき病状が回復しかかったときに詩を書きたくなるんだ、と思ったわけです。当たっているかどうか分かりませんけれど。

私の風邪は、ほんの少しだけ快方に向かいまして、アタマのぼ~っとした状態も治りつつあり、カーリングのルールもちょっぴり理解できるようになりました(笑)。

  春めくや葛根湯を買ひ足して      大波

|

« 春風邪始末記 | トップページ | 迷子のキャッシュカード »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野千鶴子 対 坪内稔典:

« 春風邪始末記 | トップページ | 迷子のキャッシュカード »