« 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月22日 »

吟行、春うらら

きのうまであんなに寒かったのに、きょうはうらうらと暖かい梅見日和。なぜかケータイに仕掛けておいた筈のアラームが鳴らなくて、すっかり寝坊してしまいました。若干の遅刻で、谷保天神の梅林に到着したところ、梅見茶屋の前の白梅の下に、おばあさんたちが横一列にずら~りと並んで座っていました。なんとなく可愛いおばあさんたちばかりで、みんなニコニコ笑っておりまして、目出度いような怖ろしいような(笑)光景でありました。そこで一句。

  梅林におばばの並ぶ鳴雪忌       大波

2月20日は、正岡子規グループの大久保彦左衛門と謳われた内藤鳴雪翁の忌日なのでございました。天神様の裏手の田園地帯におりてゆくと、枯れた田んぼの畦道にイヌフグリがいっぱい。誰かに「大波さん、イヌフグリを踏んづけちゃダメですよ!」と注意されてしまいました。やめてくださいよ~、トシのせいで頭のほうはヨレヨレですけれど、足元はしっかりしているんですからねっ! 草萌えの土手で、春の日を浴びながら食べたおにぎりのおいしかったこと! こんな日の吟行は、やめられませんねえ。o(*^▽^*)o

  草萌の野に座す猫の恋知らず      大波

| | コメント (0)

« 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月22日 »