« 「大」ご購読を希望の場合 | トップページ | 物忘れの年齢 »

神宮の小正月

きょうは今年初の定例句会。一年の俳句上達を祈っておこうかと思い、句会の前に明治神宮にお参りしてきました。元旦の神宮はご承知のとおりぎっしりの善男善女で一歩も動けないほど、一度で懲り懲りしましたので、本日のような小正月詣でぐらいが私には丁度いいのです。それでもさすがは明治神宮、結構たくさんの人が参道をぞろぞろ歩いておりましたよ。本殿には寅の絵馬の看板が掲げられ、張りめぐらされた小中学生の書初めも例年どおり。縁起物やお守りを売るコーナーにも大勢の人だかりがして、神宮はまだまだ正月気分が抜けないでいるようでした。折りしも神前で式を挙げたばかりの花嫁花婿が境内に登場して、いやあ、これはますますお目出度い。すっかり気持ちよくなって小正月句会に臨んだのですが、結果は限りなく無選に近いお目出度くない状況(笑)でした。いったい今年一年、どうしたらいいのでしょうか、神様?。

  白無垢の嫁する姿も小正月         大波

|

« 「大」ご購読を希望の場合 | トップページ | 物忘れの年齢 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

大波さん、こんにちは。
昨日の明治神宮と言えば、俳優の柳樂優弥と豊田エリーが結婚式を挙げたそうで、もしや大波さんが見かけた新郎新婦と言うのは彼らだったかも。
東京はいいお天気のようで羨ましいです。
こちらは連日の雪また雪で、ひたすら雪かきの日々です。昨日は胸の高さを超える雪と格闘しておりました。何しろ今日からセンター試験。末っ子の送迎のために車庫前だけは雪を空けておかなければ出かけることができません。何とか今日は久々に太陽まで顔を覗かせて受験生を気持ちよく送り出してくれました。ただ今2時間目を受験中。平常心で試験に向かってくれることを祈るのみです。

投稿: ほたる | 2010年1月16日 (土) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大」ご購読を希望の場合 | トップページ | 物忘れの年齢 »