« 2010年1月27日 | トップページ | 2010年1月29日 »

マイケル談つづき

実は私がきのう入手したマイケル・ジャクソンの遺作「THIS IS IT」は、実は二枚組み特典ディスクつきの「デラックス・コレクターズ・エディション版」だったのです、むふふ。でも特典ディスクは、スタンダード版にもついているロンドン・コンサート・リハーサルの特典楽屋話と内容がそれほど違わないので、私のようなポイント買いではなくて現金でDVDを買おうとする方は、スタンダード版でも十分かも…。この楽屋話で印象的なのは、マイケルが凄まじいまでの完全主義者であったこと。歌、ダンス、演出、照明、音声、特殊効果等々のすべてに目を光らせて、あのハスキーな声でいちいちダメ出しをする姿は鬼気迫るものがありましたよ。関係者は全員、マイケルを神と崇め奉っているのですから、マイケルのダメ出しの一言のズシンと重かったのが、よ~く分かりました。ほんとに彼は完璧なエンターテイナーだったんですね。そんな過程を経てつくりあげたステージが、彼の突然の昇天で幻と消えてしまったのですから、リハーサルが映像記録されていてこうして一本の映画として公開されたことを関係者が喜ぶ声を発していたのもムリのないこと。このDVD、きっとバカ売れしているんでしょうねえ(笑)。

  不良どもの溜まり場なるが春近し        大波

| | コメント (0)

« 2010年1月27日 | トップページ | 2010年1月29日 »