« 2010年1月26日 | トップページ | 2010年1月28日 »

THIS IS IT

筋金入りのミーハーである私は、故マイケル・ジャクソン様(以下、MJ様に省略)の遺作DVD「THIS IS IT」の発売初日に、多摩桜ヶ丘の「タワーレコード」に駆けつけ、クラシックやジャズのCDを買っては溜めこんだポイントを全部吐き出して、それ(IT)を手にしたのであります!ご承知でしょうが、これ(THIS)は去年の夏英国ロンドンで開催される筈だったMJ様の幻のコンサートの3ヶ月にわたるリハーサルを、映像に記録して劇場公開したもののDVD化なのであります。リハーサルといったって、ちゃんと舞台セットを組んで、オーディションで集めた歌手やダンサー、バックバンドのプレイヤー、照明、特殊効果などのスタッフ陣もすべて揃えた豪華版です。当然プログラムのあちらこちらが未完成で、それをMJ様の命令の一言でチェック、修正していく過程が克明に映し出されて、いやあ面白いのなんの!! それにしても、「スリラー」や「ビート・イット」「ビリー・ジーン」といったお馴染みのナンバーを歌い踊るMJ様のリズムの切れはやっぱり抜群で、ああああ、MJ様って本物の天才だったんだと実感するシーンが何度も出てきますね。そのMJ様のお眼鏡に叶っただけに、リハーサルに参加した歌手やミュージシャンたち(中でも金髪の女性ギタリストはイケてましたよ!)も全員才能豊かな奴らばかり、それがMJ様の突然の昇天でみな幻になっちゃったわけですから、う~~む、なんと勿体ないことだろうと溜息をつくばかりの私でした。

  寒風や時には涙にじみ出て         大波

| | コメント (0)

« 2010年1月26日 | トップページ | 2010年1月28日 »