« 2010年1月13日 | トップページ | 2010年1月15日 »

別冊カドカワ「井上陽水」

何も読む本がなくて、本屋さんに行くと「蒸す料理」とか「やさしい圧力鍋」とかの料理本ばかり買っている私です(笑)。これは古希を過ぎて、私の知性度がどんどん低下しているせいなのですが、こんなことじゃいけないと買った一冊が別冊カドカワの「井上陽水 総力特集」でした。これはいわゆるムックなのですが、表紙を開くとカラーあるいはモノクロで例の黒メガネのポートレートがいっぱい現れて、それだけで陽水のねっちりした歌声が聞こえてきそうな気配です。俳人はもちろん川柳作家、歌人、詩人…要するに日本の詩歌に取り組んでいる人は、好き嫌いは別として、みんな陽水を聞いてみるべきだ、というのが私の持論です。だって、こんなにブッとんだ歌詞を書く人って、ほかにいないじゃないですか。「カナリア」という歌なんて、半分以上「カナリアカナリアカナリア」と言ってるだけなんですからね(笑)。それでいて、ちゃんとした歌になっているという点が、実に怖ろしいことです。本の中で、平原綾香が「陽水さんの歌は、歌詞そのものがメロディを作っている」と述べているのはまったくその通りで、ああ、オレもそんな俳句を詠めたらなと思うのです。ちなみに私が好きな陽水の歌は、「少年時代」「ライバーサイドホテル」「飾りじゃないのよ涙は」「アジアの純真」「カナリア」「東へ西へ」「氷の世界」といったところでしょうか。

  寒影の伸びて井上工務店        大波

| | コメント (2)

« 2010年1月13日 | トップページ | 2010年1月15日 »