« 2010年1月4日 | トップページ | 2010年1月6日 »

大河「竜馬伝」

福山雅治が大河ドラマ「竜馬伝」の坂本竜馬を演じると聞いて、ひょっとするとミスキャストじゃないの?…と心配したのは私だけではなかったかも知れません。だって竜馬って、ワイルドで奔放、ワクに捉われない自由人のイメージがあって、「JIN~仁」の内野聖陽がそのあたりをうまく演じていましたからね。福山くんでは繊細すぎるのでは?…と思いつつ一回目の放映を観たところ、あ~ら不思議不思議、福山竜馬は私にはじゅうぶん面白かったのです。これは脚本(福田靖)が、竜馬以上にワイルドな岩崎弥太郎(香川照之)の視点で竜馬の「伝」を語るという斬新な工夫が効を奏したのだと思います。一回目だけではまだはっきり言い切ることはできないのですが、竜馬を野性人としてではなく、ピュアで心優しい少年の魂を持った人物像につくりあげようとしているのではないでしょうか。「憎しみからは何も生まれんぜよ」という竜馬のセリフにはちょっとジンときてしまいました。カメラワークや照明なども、時代劇とは思えない新しさがあって、これは先々楽しみな大河だなあ、と思った次第です。それにしても香川照之、「坂の上の雲」では正岡子規だし、「竜馬伝」では三菱財閥の創始者岩崎弥太郎だし、まっこと、とんでもない役者ぜよ!

  四日はや厨のものを買ひ足しに        大波

| | コメント (0)

« 2010年1月4日 | トップページ | 2010年1月6日 »