« 2009年11月29日 | トップページ | 2009年12月1日 »

「坂の上の雲」スタート

派手な鳴り物入りでスタートしたスペシャルドラマ、「坂の上の雲」一回目を観て、アタマの中は???と疑問符で一杯になりました。主人公たちは画面の中を元気よく駆け回り、とてもエネルギッシュな開国物語で面白そうだなあとは思いました。役者陣も豪華絢爛で(母親たちだって、竹下景子、原田美枝子だぞっ!)、例えば正岡子規そっくりさんの香川照之、「おくりびと」の線香臭さの抜けたモックン(本木雅弘)、上杉謙信公の快演がまだ記憶に新しいアベチャン(阿部寛)など、先々楽しみなことは事実です。心配なのは一回目を観たかぎりでは、歴史的事実が積み重なっていくだけの展開で、なんだか「ドラマ」が希薄な気がしたという点でしょうか。見た目は美味しそうなお菓子をひとくち齧ってみたら、あれれ、なんとなく大味なお菓子だなあ、といった気分。もともと司馬遼太郎の原作が彼一流の史観をたっぷり盛り込んだ大河歴史エッセイみたいな小説なので、ドラマ化が決まったときは、「えーっ、本気でドラマにするの?」と私は思ったのでした。このドラマを三年間かけて観るということには、いったいどんな意味があるのだろうか、一回目を観ただけでは皆目見当がつきませんでしたが、正岡子規ファンの私としては、、少なくとも子規の死去の場までは、目が離せないことでしょう。

  冬雲の凝り動かず坂の上        大波

| | コメント (0)

« 2009年11月29日 | トップページ | 2009年12月1日 »