« 2009年10月24日 | トップページ | 2009年10月26日 »

ハロウィーンって何?

私にどうも納得できないとゆ~か、しっくりこないとゆ~か、ハロウィーンという輸入ものの行事は???の存在です。何でもハロウィーンは、西洋では死者の霊が親族を訪れる行事なのだそうで、そういうことならば日本にはちゃんとお盆というものがあるじゃないか。カボチャのほうが、ナスやキュウリより偉いのか。…と、旧世代としてはついついフテ腐れてもみたくなるのです。ところが、ここ多摩センターでは毎年ハロウィーン・フェスティバルなるものが繰り広げられておりまして、きょうも三角の魔女帽子をかぶったり、ハリー・ポッター風マントを羽織ったチビッ子たちが、カボチャの提灯などを手に手に、テント張りの露店の並ぶ駅前通りを走り回っておりました。あれは、本当に楽しいんですかねえ? 私にはどうもよく理解できません。第一、ハロウィーンにタコ焼きはないんじゃないの? 夜に入って雨が本降りになってきて、魔女や妖怪たちには、ちょっと気の毒な感じはしましたが…。

  黒猫の仮装の耳に秋しぐれ       大波

  

| | コメント (0)

« 2009年10月24日 | トップページ | 2009年10月26日 »