« 2009年10月14日 | トップページ | 2009年10月16日 »

「カムイ外伝」つづき

「カムイ外伝」、出演する役者たちにも触れておきましょう。まず、主役カムイ役の松山ケンイチですが、抜け忍=忍者集団から脱走して死ぬまで追われ続けるという役を、表情を押し殺してセリフも感情の起伏を露わにしない低いトーンで寡黙な演技をつらぬき、カムイの孤独感と哀しみをよく表現していたと思います。崔洋一監督はカムイ役を「松山ケンイチ以外考えられなかった」と話していたそうで、例えば小栗旬のような「都会派」には決してない松ケンの土俗的な魅力が、カムイの演技によく活かされていたのではないでしょうか。ヒロインで女抜け忍役の小雪は、その松ケンと互角の激しいアクションをよくこなして、凛々しい感じでした。彼女は「嗤う伊右衛門」といい、時代劇のほうが「三丁目の夕日」よりもずっといいと思います。小雪の夫役の小林薫はいつも通り飄々として安定感があり、小雪の娘でカムイを恋い慕う大後寿々花は、テレビドラマ「セクシーボイス&ロボ」でも松ケンとコンビを組んでいただけに、呼吸ピッタシの感じでした。予想外だったのはカムイと壮絶な決闘を展開する伊藤英明、好青年役の多い彼が珍しく悪の魅力のようなものを漂わせ、なかなか面白いキャスティングでした。

  落丁の本もどり来し秋の風        大波

| | コメント (0)

« 2009年10月14日 | トップページ | 2009年10月16日 »