« 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月3日 »

盆の回向

妻の菩提寺は、7月から8月にかけて三回、盂蘭盆の回向をすることになり、檀家はそれぞれ自分の都合のよい日を選んで、お経をあげて貰います。私は、妻の命日に最も近い8月1日に回向をお願いすることにしました。この日お寺に集まったのはほぼ20人、時間がくると御住職とその長男の若住職が現れて、さっそく読経をはじめました。鍛えぬいた御住職の枯れた声と、朗々とひびく若住職の声がうまくハモって(笑)、次第に有り難い気持ちになっていくのでした。読経を済ませた後、それぞれのお墓参り。おとといの命日にも、新しいお墓を立てる作業が続行中だったわけですが、このお寺では最近めっきり新しい仏様が増えているようで、分譲の空地を次々にお墓が埋めていきます。多摩ニュータウンは高齢化が進んでおりますから、これからもこのお寺の檀家は急増していくことでしょう。きょうの回向には娘夫婦も駆けつけてくれましたが、中学高校の孫たちはみな超多忙のようで会えませんでした。ちょっぴり寂しかったけれど、仕方ありませんね。元気でいてくれれば、それでいいと思います。

  紫陽花の枯れしばかりの展墓かな       大波

| | コメント (0)

« 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月3日 »