« 2009年7月30日 | トップページ | 2009年8月1日 »

命日

7月30日は妻の祥月命日。毎年この日の午前中に、必ずSさんからの美しい花が届きます。それを仏壇の前に飾って、一日が始まります。親しかった俳句の友に、こうして7年間も欠かさず悼んでもらって、妻のこなみは本当に幸せなヤツだったと思いました。

午後、黄色とピンクの百合の花を買って、墓参りに行きました。8月1日にお寺の盆の回向に合わせて、娘たちが墓参にくることになっているので、きょうは私とこなみの二人だけの時間です。ゆっくり時間をかけてお墓を洗って、百合を供えました。

すぐ後ろで、新しいお墓を建てている人がいるので、見ると妻の墓をつくってくれたのと同じ石材屋さんでした。「早いものですねえ。もう7年たつんですよ」と言ってちょっと話しこみ、そのまま別れようとすると、「また、よろしく」と挨拶されてしまいました。墓石屋さんに「また、よろしく」と言われてもねえ(笑)。

命日には、蝉時雨がつきものです。きょうも菩提寺は、蝉時雨に包まれていました。

  妻の忌の空の波立つ蝉時雨       大波

| | コメント (0)

« 2009年7月30日 | トップページ | 2009年8月1日 »