« 2009年7月12日 | トップページ | 2009年7月14日 »

都議選に思ったこと

私は現役の記者時代、地方選挙を専門に取材していた経歴があるものですから、今でもテレビの選挙速報を見たりしますと、ざわざわと血が騒ぐのです(笑)。当時の選挙取材は、今のような「出口調査」は行われておりませんでしたので、いわゆる「票読み」が極めて難しく、記者としての進退を賭けて「えい、やっ!」と目をつぶって当確の判定を下す場面もしばしばありました。でも幸運なことに、いわゆる当確の「打ち間違い」をしたことは一度もありませんでした。昨夜の都議選では「打ち間違い」があったようで、多分顔面蒼白になったであろう担当記者の心中を察してしまいました。なんだか、ひりひりと胸が痛いなあ。民主躍進、自公過半数割れという選挙結果は、有権者が民主党に希望を託したというよりは、自民党現政権への絶望の深さの表明だったような気がするのです。実はきのうの谷中吟行で、川上音二郎の墓碑を見たのですが、彼の有名なオッペケペー節に「権利幸福きらいな人に、自由湯をば飲ませたい、オペッケペー」というのがあるんです。でも、今の自由湯は、なんだか味が悪くて、とても飲む気になりませんものね。はて、民主湯はどうかな?
.
  白地着て口やかましき翁かな       大波

| | コメント (0)

« 2009年7月12日 | トップページ | 2009年7月14日 »