« 2009年6月25日 | トップページ | 2009年6月27日 »

歌手・梶芽衣子

鬼平犯科帖の密偵おまさこと梶芽衣子さんが、なんと25年ぶりにシングルCDを発売したという噂を聞きました。そのタイトルが「女をやめたい」ですって、これってど~ゆ~こと?(笑) まだ聴いていないので、何も言うことはないのですが、実は私、歌手カジメイコの隠れファンでありまして、彼女の最大のヒット曲「怨み節」を中心にしたお宝LPをちゃんと所蔵しているんですよ。このLPはB面がカバー曲集でありまして、「くれないホテル」や「ざんげの値打ちもない」「舟唄」といった梶さんのフィーリングにピッタシの名曲がそろっております。梶さんはもともとハスキーな声がゾクッとするほど魅力的な歌い手で、クエンティン・タランティーノの「キルビル」の殺人鬼花嫁ユマ・サーマンと日本語の怪しいヤクザ組長ルーシー・リュウとの決闘シーンに流れた「修羅の花」が余りに素敵だったので、歌手として再評価されたのだと思います。「修羅の花」は梶さんの名作「修羅雪姫」の主題歌で、このテの歌を作らせたら右に出るものがいない平尾昌晃作曲の暗~~いバラードです。これも、いいですよぉ。「女をやめたい」、早速CD屋さんで捜そうっと。

  入道雲の似合はぬ山と似合ふ山        大波

| | コメント (0)

« 2009年6月25日 | トップページ | 2009年6月27日 »