« 2009年6月10日 | トップページ | 2009年6月12日 »

花 あれこれ

海tonさん、草花に対する私の無知に「同感」されたのには、ありがた半分、とまどい半分でございます(笑)。どうか今後とも、数々の草花に接することによって、よい句を詠まれることを切にお祈りします。花石榴、ザクロの花って、鮮烈な紅色をしていて、ほんとにきれいですよお! ノウゼンカズラと同じように、あまりに鮮やかな色をしているので、人の生死とか病とかの連想を誘いやすいらしく、そんな俳句がなんとなく目立ちますね。「若者に若き死神花石榴 草田男」みたいにですね。私が俳句に詠む花石榴は、国立の矢川にかかる橋のたもとに立っているザクロの木のものが殆どで、この木の梢に咲く花がまたいくら見ていても飽きないほど美しいんです。海tonさんに見せたいなあ。ところで草花音痴の私ながら、マンションのベランダにコンテナや鉢の花を育てたりもしているんですよ。たいてい三個で数百円のごくお安い花なんですが、毎朝水を遣るときにはつくづく「こいつら、なんだか、超かわゆいじゃねえか」と思うのですから、音痴には音痴の愛があるんですよねえ(笑)。

  街道の岐かるるところ栗の花           大波

| | コメント (0)

« 2009年6月10日 | トップページ | 2009年6月12日 »