« 2009年5月19日 | トップページ | 2009年5月21日 »

高橋真梨子の男歌

私は何故か、歌謡曲やJ-POPSのカバ-曲集が大好きで、ごぞんじ徳永英明の「ボーカリスト」シリーズだって、ほとんど愛聴いたしております。そんなわけだから、桃色吐息ねえさんの高橋真梨子が男性の歌のカバー集をCD発売したと聞いて、すぐさま購入した次第でございます。このCDの正式名称は「No Reason~オトコゴコロ」というのですが、別に理由はないけれど男どもの心の内をちょっとまさぐってみたのよ、という意味でしょうか?? 選曲は結構面白いっす。わりと真梨子寄りの「ワインレッドの心」からスタートして、九ちゃんの「見上げてごらん夜の星を」とか、ジュリーの「勝手にしやがれ」とか、若大将の「君といつまでも」、コブクロの「桜」まで、真梨子さんは気持ちよく歌い上げていらっしゃいます。カバー曲を歌うキモは、オリジナルの味を活かしながら、どこまで自分自身の歌にしてしまうか、ということだと思いますが、流石に百戦錬磨の五番街のマリーは、そのあたりをよく心得ていて実に楽しく男歌を自分の歌にしていると思いました。ちなみに、私が思うところでは、男歌をカバーした女性歌手のなかで最高位にランクされるのは、ちあきなおみです。なおみお姉さまの裕次郎ソングなんて、鳥肌の立つような絶品で、マリーの男歌はそれに比べればすこ~しばかり甘いかな?

  雀らの遊べる道の山法師        大波

| | コメント (0)

« 2009年5月19日 | トップページ | 2009年5月21日 »