« 2009年5月11日 | トップページ | 2009年5月13日 »

おっぱいバレー

綾瀬はるかの大ファンで、題名が「おっぱいバレー」という映画とあっては、これは何があっても観なければ申し訳が立たないでしょう(笑)。で、観てきました。映画の題名は誰でもビックリ&ドン引きですが、中身は実に爽やかなスポーツ青春もので、超お気楽に楽しむことができました。はるかちゃんの中学バレー部(球技のほう)顧問の先生が、うっかり「もし一勝したら、わたしのおっぱいを見せてあげる」と約束してしまい、ダメ部員たちが先生のおっぱい見たさに頑張ってしまうというとんでもないお話。でも、はるかちゃんのナチュラル天然系の個性で少しもいやらしくなく、最後にはチャンと胸にジ~ンとくるような場面もこしらえてあって、はるかちゃんはまたまた大きな1ポイント稼いだのではないでしょうか。おまけにこの牧歌的なスポ根映画は、1970年代に時代を設定してあるので、バックに流れる音楽がヨダレの垂れるような懐メロポップスの名曲ぞろい。ピンクレディの「渚のシンドバッド」に始まって、ユーミン「卒業写真」、甲斐バンド「HERO」、ツイスト「燃えろいい女」、キャンディーズ「微笑みがえし」、そして主題歌はあのフィンガー5の「個人授業」ときては、随喜の涙がとまりませんよっ(笑)。「グラン・トリノ」より先に「おっぱいバレー」を観てしまって、イーストウッドじいさん、ごめん。

  母の日の「おつぱいバレー」てふ映画       大波

| | コメント (0)

« 2009年5月11日 | トップページ | 2009年5月13日 »